塾長の指導観

手本になる

こんにちは。

久留米市の西鉄久留米駅から徒歩1分、新古賀病院の向かい側、

明善高校 久留米高校 公立上位高校受験専門塾 久留米まなび舎の塾長です。

当塾は自由度の高い個別指導スタイルの学習塾です。

 

手本になる


子供には努力しろ、頑張れと言うからには、大人も努力しているはずですよね。

今まで一番努力した(している)と胸を張って言える時期はいつでしょうか。

今ですか。それとも学生の頃ですか。

 

もちろん、人には様々な事情やとりまく環境がありますから、何かに向けて頑張ったり努力している場合ではない状況もありますし、それが絶対に重要だと考えているわけでもありません。

 

しかし、私たち大人が様々なことにチャレンジし、楽しそうにしているのであれば、子供もチャレンジしたり努力することはなんて素晴らしいことなんだろうと感じるでしょうし、早く大人になりたい、社会に早く出たいという子供が増えるのではないでしょうか。

 

自律

例えば、私たち大人が〇〇〇をやめようと思ってもやめられない、○○○○を控えようと思いながらもやめられない。子供がゲームをやめられないのと同じですよね。

 

例えば、子供にスマホ、タブレットは時間を制限する、むしろ使わない方が良いなどと話をしながら、私たち大人はスマホに依存しているなんて話に説得力がありませんよね。

 

例えば、子供に本を読ませたい、子供に勉強してほしい、子供に夢をもってほしいなどと考えるのであれば、私たち大人が読書し、学び、夢を語れば、自然とお手本になるはずです。