塾長の指導観

自分の子供も通う塾

こんにちは。

久留米市の西鉄久留米駅から徒歩1分、新古賀病院のすぐ近く、

明善高校 久留米高校 公立上位高校受験専門塾 久留米まなび舎の塾長です。

当塾は自由度の高い個別指導スタイルの学習塾です。

 

自分の子供も通う塾

2人の子供も当塾に通っています。

子供が生まれた時、自分の子供の教育は自分で行うと決めていましたが、今のような形になったのは塾を始めた当時様々な方のご支援があったおかげです。

 

子育ての期間

子育ての期間、その中でも積極的に子供に関われる期間はどれくらいあるのでしょうか。

12年間とか15年間という場合もあれば、いやいや10年くらいでは?という意見もあるかも知れません。もっと長く18年間というケースもあるかもしれませんね。

 

成人年齢が18歳となりますから、それ以上は考え難いです。

 

お子さんの年齢を考えてみると、子育ての期間はあと何年ありますか。

 

子供の成長にあわせた関わり方が大事

子供の成長は早いものです。

 

ところで私たち大人にとって子育ては初めての体験です。

仮に子供が2人以上いるとしても、2人目以降の子育ては初めて。兄や姉がいる環境での弟や妹の子育てはある意味全く別物ですから。

子供は成長するにつれて次第に親から離れていきます。これは自然なことです。

そして中学生になるとそれが顕著に現れてくるため、この辺りから子どもへの関わり方が大事になってきます。

 

子供の目線を知る

常日頃から子どもが何を勉強しているのか把握しましょう。

そうすれば子供の質問にも答えられます。

 

子供の目線を知るためにも、今子供が何をどのように学習しているのかについて具体的に把握しておくとよいと思います。

 

当塾でもそのあたりのサポートをケースバイケースで必要に応じて行っています。